読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮本のブログ

日本語パートナーズ ベトナム3期としての日常を書いていきます。このブログの内容は僕個人の意見デス

東南アジア周遊旅行

タイトル通り、周遊旅行に行ってきました。

7月11日〜21日、ベトナムラオスカンボジアを回ってきました。

 

実は前回の記事を更新した翌日が出発だったんです。どうでもいい情報ですが。

 

海外へは約1年ぶり、去年の中国出張以来。旅行では2年ぶりです。

一緒に行ってくれる人がいないのでいつも一人、現地でぶらぶらする旅行をしていたんですが、今年はどうも違いました。

 

 

ベトナム・・・11日のお昼にハノイ到着、12日の午前の便でラオス首都ビエンチャンへ発つまでの短時間の滞在でした。

ハノイベトナム人の友人と合流し、原付の後ろに乗せてもらい市内観光していました。いや、なんか現地の人の活気というかエネルギーはすごかったですね。

ハノイの街は原付天国でした。

f:id:Miakira:20160726000611j:plain

原付の後ろで撮影した写真。見事にブレてぼやけています。

 

f:id:Miakira:20160726000739j:plain

日が暮れてくると渋滞は大変なことになります。流れがとても悪い。

車と車の隙間に原付が入り込みぐちゃぐちゃ。。

そんなときはどうするか、歩道を原付で走ります。(写真撮るの忘れた!!)

見ていて、ふと、ジョジョ3部の「歩道が広いではないか」を思い出しました。

その光景は凄まじかった。ベトナム人からすればごく普通のことなんだとは思いますが、衝撃的でしたね。小さなカルチャーショックです。来月からの滞在がとても楽しみになりました。

 

あと一人でぶらぶらするのと、現地の友人がいるのは全然楽しみ方が違うというか、まあ当然のことなんですが行動範囲やできることがうんと広がるんですよね。

 

 

 

ラオス・・・ハノイからビエンチャンまでは約1時間で到着です。

ラオスは完全一人旅でした。

したことは、レンタサイクルを借りてお寺を回ったり、メコン河沿いに座り込んでぼーっとしたり。ナイトマーケットで買い物をしたり。普通の旅行でした。

 

f:id:Miakira:20160726001821j:plain

派手なお寺が多かった。中も派手です。

 

メコン河沿い

f:id:Miakira:20160726001952j:plain夕方5時過ぎ。何か特別なことをするわけでもなく、ただみんな座っているんですよね。

僕も真似して座ってみたけど特にすることないし、本当にただ座って、すること探したけど見つからず結局、くるりのハイウェイ聞いたりしていただけでした。でもなんとなく気持ちよかったです。

それまで1日レンタサイクルで市内をグルグルしていて、疲れていたのもあったんですが、一度座り込むとなかなか立ち上がれませんでした。

 

 

f:id:Miakira:20160726002229j:plain

僕の後ろではエアロビチームが。ちなみに遠方にもう1チームありました。

 

14日から最後まではカンボジアに滞在していました。

初めてのカンボジア旅行でしたが、知人の日本人にお世話になり、とても充実した時間を過ごすことができました。

プノンペン(首都)〜シェムリアップアンコールワットがある場所)の2箇所で滞在してきました。

 

 

プノンペンのナイトマーケットは引き続き今もアケオメ状態。結構好きです。

ステージでは現地の歌手?が熱唱していました。

f:id:Miakira:20160726003110j:plain

 

 

あと、カンボジアも原付が多かった。まだまだこれから発展していくところだと思います。

f:id:Miakira:20160726003327j:plain

 

 

アンコール遺跡群の一つ、ベンメリア。

f:id:Miakira:20160726003526j:plain

f:id:Miakira:20160726004040j:plain

 

いくつか遺跡を回った中で一番心打たれました。「そのまま」の部分が多かったです。

遺跡は、岩が崩れていて、その隙間から木がモリモリ生えてきて・・・

 

アンコールワットを含めアンコール遺跡群は広大で1日ではとても回りきれないです。

レリーフなどを細かく見ようとすれば、1週間くらい必要なのでは。

 

カンボジア滞在はこういった遺跡観光も楽しめたのですが、何より人との出会い。

知人の日本人を通じて様々な理由でカンボジアに滞在されている日本人とお話する機会がありました。

 

自分は社会人4年目だった今年、仕事を辞めベトナムへ行くのですが、やはり今後の不安などもあります。

でも、実際に海外でたくましく生活されている方のお話を聞いて、案外なんとかなる、本人の努力次第だなと勝手に開き直ってしまいました。

やってかなきゃいけないし、でも本当に自分がやりたいことはなんだろうかなと考えるいい契機になりました。

 

まずは来月からのベトナム滞在。

ベトナムの学生、地域の人に日本文化の紹介等を通じて日本のファンを増やせるよう精一杯取り組みたい。

また私自身もベトナム現地の文化・習慣等に触れ学び取りたい。

 

 

 

(やれやれ、文才がなさすぎるぜ)